顔のほてりや手足の冷えなどは漢方薬で治りますか。また精神的な症状にも漢方薬は効きますか

・肉体的、精神的な各症状に効果的な漢方薬があります。

・各症状に効く薬も、自分の体質(証)に合ったものを選ぶというのが漢方の基本です。

身体的な症状、精神的な症状のいずれにもそれぞれ効果的な漢方薬があります。

漢方藥は症状に合わせて、というよりもそれぞれの体質の違いである「証」に合わせて選ぶのがいい、ということはお話しました。虚実の証には、それぞれ次のような薬が向いています。

虚証の人/加味帰脾湯、当帰芍薬散、牛車腎気丸など。

中間証の人/加味逍遥散、八味地黄丸、三黄寫心湯など。

実証の人/女神散、桃核承気湯、桂枝茯苓丸など。

このように漢方薬は「証」で選べばいいのですが、それぞれの漢方薬には得意分野もあります。たとえば肩こりには当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯などが向いています。もちろん不眠や憂うつといった精神的な症状に効く漢方薬もあります。

ではおもな漢方薬の働きや適応する患者さんのタイプをもう少し細かく見ていきましよぅ。

加味帰脾湯

血のめぐりが悪くて顔色もよくない虚弱体質の人に使います。いらいら、落ち込み、不眠によく効きます。

当帰芍薬散

体力が落ちてきて冷え性ぎみの女性によく処方します。貧血、頻尿、めまい、動悸、肩こりなどを訴える患者さんに向いています。

牛車腎気丸

体力が低下している人、コレステロ—ル値の高い人に使います。骨量の減少による腰痛、手足の冷え、しびれ、頻尿などに効き目があります。

加味逍遙散

虚証から中間証の人に用いる薬です。不安、不眠、いらいらなどの精神症状を訴える人や、 それに加えて肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、多汗に悩む人に使います。

八味地黄丸

腰に脱力感がある、冷え、しびれ、頻尿、骨粗しょう症の人に使います。骨粗しょう症にはホルモン補充療法やビタミンDなどと一緒に飲んでもらうこともあります。

三黄瀉心湯

中間証から実証の人で、のぼせや便秘のときに使います。またいらいらや不眠にも効果的です。

女神散

体力は中程度で、ストレスがたまりやすい人、神経が高ぶりやすい人に用います。不眠、のぼせ、めまい、不安などによく効きます。更年期障害だけでなく、気分を落ち着かせる作用もある薬です。

桃核承気湯

体力は中程度以上で、生理不順や高血圧のときに使います。また頭痛や肩こり、冷え、のぼせ、いらいらに効きます。

桂枝茯苓丸

体力がある、赤ら顔の人に使います。頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、足の冷えに効きます。下の図におもな漢方薬と効き目のある症状を表にしたものを掲載しました。

これを見ていただければ、それぞれの証と症状にはどんな漢方薬が効くのかがわかると思います。

更年期障害の治療に用いられるおもな漢方薬

漢方薬

症状

加味帰脾湯 当帰芍薬散 牛車腎気丸 加味逍遙散 三黄瀉心湯 八味地黄丸 女神散 桃核承気湯 茯苓丸
冷ぇ      
頻尿          
排尿痛              
便秘              
多汗•のぼせ    
めまい        
動悸              
肩こり        
頭痛•頭重              
不眠        
いらいら •不安        
食欲不振              
胸のつかえ            
下腹部の圧痛              
月経過多          
月経痛            
耳鳴り                
しびれ              
タイプ 虚証タイプ 中間証タイプ 実証タイプ               

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*