更年期の不調と違うのは……下腹部痛やおりもの、不正出血があればすぐ受診を

月経周期が不規則になってきたり、経血量やおりものの様子が変わっても、「閉経が近いから」「友達も同じ症状があると言っていた」などと、見過ごしていませんか?それは、子宮がんの兆候かもしれません。下腹部の痛みや悪臭のおりものが出るようなら、かなり進行している可能性もあります。

特に、閉経後に出血がある場合は「まず子宮体がんを疑います」と女性成人病クリニック(東京都中央区)副院長の堀口雅子さん。子宮がんの中でも、子宮内膜にできる子宮体がんは閉経後に急増するからです。

子宮体がんの発生には女性ホルモンのエストロゲンが大きくかかわっています。閉経が遲い、妊娠・出産の経験が少ない、肥満や糖尿病、高血圧がリスク要因になります。

子宮の入り口部分、子宮頸部にできる子宮頸がんは、ヒトピロマビールスが膣から侵入(感染)し、数年後に一部の人が発症します。今は初交年齢が早くなっているため、一度でも性体験がある場合は10代でもがん検診が必要です。30代に発症のピークを迎えますが、40代以降に見つかるケースも少なくありません。初期は症状が出にくいのも特徴です。

サイレント•キャンサー(沈黙のがん)と呼ばれる卵巣がんは、かなり進行するまで症状が出ません。また、「お腹の張りが続くようなら、卵巣がんのほか、消化器の病気の可能性も考えられます」(堀ロさん)。

これらのがんを早期に見つけるために「年に1度のがん検診を習慣に」と堀ロさん。早期に見つかれば、子宮を温存できるチャンスが高まります。「卵巣がんは、超音波検査付きの子宮がん検査のときに異常がなくても、安心はできません。ウエストがきつくなる、下腹部が膨らんできた、などの変化が見られたら、婦人科で、卵巣の検査を受けることも必要です」(堀ロさん)。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*