更年期の不調と違うのは・・・・・・経血増加、貧血とお腹の張り、しこり

子宮筋腫は、子宮に良性のコブ(腫瘍)ができて大きくなる病気。成人女性の3〜4人に1人は子宮筋腫を持っているとされます。

腫瘍のできる場所や筋腫の大きさにもよりますが、「経血量が多い、月経期間が長くなった」「トィレが近い、尿が出にくい、便秘がち」といった症状が表れます。40代ともなると、こうした症状を自覚していても、「更年期が近いから」と放置してしまう人も少なくないようですが、筋腫が多く見っかるのも40代です。

経血量の増加に伴い、貧血の症状も出ます。「子宮筋腫を抱えている人の約4割は貧血」と、まつしま病院(東京都江戸川区)元院長の佐々木靜子さん(故人)。

筋腫が大きくなってもほとんど症状がない人もいれば、小さな筋腫でも貧血や不正出血、月経痛といった症状が重く出る人もいます。定期的な該察で様子を見る場合もありますが、治療の基本は手術で筋腿を取り除くこと。症状がなくても筋腫が大きくなるようなら、他の臓器などへの影響も考えられるので、治療が必要です。

手術では、子宮を全部取る「子宮全摘術」、筋腫だけを取り除く「子宮筋腫核出術」、筋腫に向かう動脈をふさぐ「子宮動脈塞栓術」などがあります。筋腫の発育を抑えるホルモン療法は、手術を行うまでに筋腫を小さくする目的や、閉経までの一時的な治療法として行われます。

以前は「子宮筋腫は悪性化しない」と思われてきましたが、「1万人に3人ぐらいは、肉腿化する(悪性の腫瘍になる)ことも」と佐々木さん。また、お腹が張ったり、引き下がるような違和感、腰痛や腹痛といつた症状が強い場合は、「子宮筋腫など婦人科の病気のほか、消化器や泌尿器の病気も考えられます」(佐々木さん)。

「子宮筋腫」は・・・・・・

発症しやすい年齡 30代後半から40代
性差•発症頻度 成人女性の3〜4人に1人
更年期の不調と似ているところ •疲労や倦怠感 •腰の痛み •トイレが近い
更年期の不調と違うところ •月経痛•毎月の経血量の增加•下腹部の張り、しこり
梭査方法 •内診•超音波検査 •血液検査(貧血の検査)
治療法 •定期的に経遏を観察

•藥物療法(ホルモン療法、鉄剤、鎮痛薬、漢方薬)

•手術(子宮全摘術、子宮筋腫核出術、子宮動脈塞栓術、集束超音波治療など)

相談すべき診療科 婦人科、女性外来

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*