更年期で体の調子が悪いせいか、ヒステリーの発作を起こすようになりました。治す方法はありますか

・更年期の心と体の不調には、エス卜ロゲンの減少による症状とス卜レスによる精神的な疲労やうつ状態などがまざりあい、その原因が特定できないことがあります。

・症状に応じて精神安定剤や睡眠薬などを使い様子を見ながら、カウンセリングなどを通じて気長に治していくことになります。

体と心は互いに影響しあっているので、症状に応じて薬を使いながら、カウンセリングで治していくことになります。

クリニックを訪れる女性たちを見ていて思うのは、体の症状と心の症状が分けられない人が多い、ということです。

更年期には、体の不調に加えて、いらいらなど心も不調になりやすくなります。相談者のように心の症状が出ている場合は、エストロゲンの減少による自律神経系の症状とストレスによる精神的な疲労やうつ状態、ときにはそれに加えて神経症的な心の病気とがまざりあい、「これが原因です」と特定できないことが多いのです。

こういった人たちは、治療も慎重に、長期的な視野でのぞんでいくことになります。性交痛や手足のむくみなど、体の症状だけに悩んでいる人はホルモン補充療法をすればとたんに元気になっていくのですが、心の不調を併発している人は原因が一つではありませんから、なかなかすっきりしません。症状に応じて精神安定剤や睡眠藥など、精神科の薬を使い様子を見ながら、カウンセリングなどを通じて気長に治していくことになります。

ただ、時間がかかるといっても、絶対に治らないというわけではありません。実際に、ホルモン補充療法とカウンセリングで明るさを取り戻していく女性はたくさんいます。うつうつとした気持ちに襲われているのは決してあなただけではないのです。

「ゆっくりでいいから治していこう」という前向きな気持ちを忘れないでください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*