初潮が早かった人は閉経も早いのですか。 また、生理痛がひどかった人は更年期障害もひどいのでしょうか

・初潮の時期と閉経の時期とは関係がありません。

・一般的には更年期になると生理痛は軽くなります。

・閉経が近づいて痛みや出血量が軽減されるのは’ホルモンの分泌量が減るためです。

・更年期障害はそれぞれの人の老化の度合いや性格、過ごしてきた環境などによって現れ方が異なります。

どちらも因果関係はありません。

「初潮が早いと閉経も早くなる」という俗説があるようですが、そんなことはありません。初潮の時期と閉経の時期との間にはとくに因果関係はないようです。また出産経験のある、ないも更年期障害の重い、軽いには関係ありません。

ただ若いころひどい生理痛に悩まされていた人が更年期が近くなって痛みが軽くなった、ということはよくあります。出血の量が多かったのに少なくなってきたり、精神的ないらいらがおさまった、という人もいます。

これは閉経が近くなって、排卵が起こりにくくなったり、卵巣機能が低下してホルモンの量が減るために起きる現象です。排卵がきちんとあったり、卵巣機能が正常であれば子宮を収縮させるホルモンが出て、生理痛が起きやすくなるのですが、閉経が近くなるとホルモンの分泌量が減るので、痛みや出血量も軽減される、というわけです。精神的ないらいらがおさまるのは生理痛が軽くなったり、あるいは生理自体がなくなるためだと思います。

また母親や祖母がひどい更年期障害に悩んでいた、という人は自分もあんなに苦しい思いをするのか、と心配になるかもしれません。でも実際には母と娘、姉妹でも、更年期障害はそれぞれの人の老化の度合いや性格、過ごしてきた環境などによつて現れ方が全然違います。お母さんが大変だった、という人もあまり心配しないようにしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*