働く女性自身も更年期の知識が必要

情報不足から誤解が生まれる?

働く40代50代女性は増えているのに、更年期に対する理解はまだ十分とはいえません。女性のへルスケアとキヤリアについて詳しい医学博士の有馬牧子さんは「日本企業が女性を長期雇用するようになったのは、雇用機会均等法以降です。更年期の問題への閲心が出始めたのは、やっと90年代ごろからですから、企業も更年期への対応には不慣れ。でも、女性の活用には更年期の理解が不可欠です」と指摘します。

有馬さんが、更年期女性の実情調査のために訪れた北欧では、男性上司が部下の女性の更年期症状に気づくと、更年期かどうかを確認し、必要であれば働き方を助言するといった対応が、ごく当たり前に行われている、といいます。「日本の学校では、月経や出産について、指導したりしますが、スウェーデンでは小学校で初潮から31年期を含め、女性の一生の体の変化を、與女一緒に学びます。こうした教育のおかげもあり、更年期がオーブンに語られ、また更年期症状への治潦もS透しています」。

いま日本女性の平均寿命は世界屈指ですが、戦前までは閉経の50歳が平均寿命でもあつたのです。「母から娘へと更年期のことを伝える習慣も必要もなかつたため、未だに更年期についての正確な情報が十分に行き渡つていないのです」(有馬さん)

情報が少ないだけに、更年期症状といぅと、イライラや、ホットフラッシュなどのイメージに固定され、集中力の低下や、物忘れ、意欲の低下など、仕事への影響もあるほかの更年期症状について、知らない女性も多いのが現状です。

男注管理職からも「更年期を知りたい」との声

一方、新たな取り組みを始めた企業もあります。社員の8割が女性という資生堂は、2007年から、産業医が各事業所を訪問。まずは女性自身に体の変化を知ってもらおうと、月経から出産、更年期など女性の体の変化について、全世代の女性社員を対象に健康セミナーを開催しています。

さらに、男性社員にもこのセミナーを実施したところ、女性の健康に理解が深まつたという大きな反響があり、管理職を中心にもっと女性の更年期について知りたいという声が多く寄せられました。「部下のマネジメントだけでなく、妻の体調管理も含めて、更年期に関心の高い男性は増えているようです。女性の更年期を知ることは、女性だけでなく男性にとつても働きやすい環境づくりにつながると思います」(同社人事部人事企画室長の岡良廣さん)。

更年期は何なのか、対応法を知ることは、女性の健康にも仕事にもプラス

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*