ホルモン補充療法&漢方治療ガイド

女性ホルモンの急減が主な原因で起こる更年期症状。ニ大治療法は、ホルモン補充療法(HRT)と漢方です。でも、「両者の違いは?」「向き不向きがあるの?」など、分からないことが多いという声も。

「ホットフラッシュ(発汗、ほてり)はホルモン補充療法のほうが漢方よりも即効性が期待できる」と話すのは東京歯科大学市川総合病院(千葉跟市川市)産婦人科教授の高松潔さん。一方、漢方は「いろんな不快症状が次々と変わって現れるといったょうな、不定愁訴に対応しやすい」と露仙堂タリニック(千葉県八千代市)院長の栁堀厚さん。「特に、めまいや頭痛には漢方が効きやすいとこれまでの経験から手応えを感じています」(栁堀さん)。

HRTと漢方は併用が可能。症状の得意分野が多少異なるので、それぞれの特徴を知って、上手に使えばより幅広い症状の緩和に役立てられます。

なお、更年期症状にはイライラなどの「心の変調」も。ただ「問診や検奄などで、ホルモンの減少による症状というよりも、うつ病などの稍神疾患が隠れていることが分かるケースも」と高松さん。その場合は症状の強さに応じて、抗うつ剤の処方や精神科への紹介を行うこともあるそう。また、「一見更年期症状に思えても、別の疾患が隠れている場合も少なくない」と高松さん。「脳腫瘍や甲状腺機能障害といった、早く治療を受けるべき疾患の場合も。”どうせ更年期”とやり過ごしたりせず、まずは婦人科を受診し、症状が更年期によるものかそうでないかの見極めを」(高松さん)。

症状の原因を正確に知ることが、更年期以降の健康を守る第一歩です。

漢方とホルモン補充療法のリメット、デメリット早分かり

漢方

リメット:

・副作用が少ない

・合わない人はいない(禁忌がない)

・いつ始めてもいい

・複数の生薬により1剤でも多様な症状に対応可能

・「エネルギーの不足」を捕う作用がある

・不定愁訴(なんとなく不調)に強い

・HRTと併用できる

デリメット:

・効果がゆるやか

・ホットフラッシュには効きが弱い

・骨•膣乾燥•性交痛などホルモン低下が直接原因の症状には効かない

HRT(ホルモン補充療法)

リメット:

・ホッ卜フラッシュ(発汗、のぼせ)に即効性があり、多くの人に効く

・骨や血管、肌などの状態を維持、改善するなど、更年期症状以外にも効用がある

・ホットフラッシュの軽減で、不眠やうつの症状も改善

デリメット:

・不正出血、不快症状を伴う場合がある

・長期使用により乳がんリスクがわずかに上がる

・開始に適さない時期がある

・使えない人(禁忌)がある

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*