めまいや耳鳴りがひどくて困つています。この場合はどのようにしたらいいでしょうか

・めまいに襲われたら、無理をしないで座ったり、横になったりして少し休みましょう。

・急激な動作を避けるようにすれば、ある程度めまいを予防することもできます。

・めまいは、メニエール病や脳梗塞、脳出血などが原因で起こることもあります。

・耳鳴りは神経質な人ほどひどく感じる傾向があるようなので、気にしないように努めましょう。

めまいや耳鳴りがしたら、まず休んで、ス卜レスになることは避けてください。

椅子から立ち上がったとたん、目の前が真っ暗になってしまい、うまく立つていられなくなる。ボートの上で立ち上がったときのようにまわりがゆらゆら揺れて、地に足がついていない感じがする。

こういつためまいも、エストロゲンの減少によって自律神経の働きがおかしくなったために起こるものです。めまいに襲われたら、無理をしないで座ったり、横になったりして少し休みましょう。急激な動作を避けるようにすれば、ある程度めまいも予防できます。

ただしめまいは、メニエール病(嘔吐をともなうめまい発作の繰り返し、難聴、耳鳴りを特徴とする病気)や脳梗塞、脳出血などが原因で起こることもあります。症状がひどいようなら耳鼻科や脳外科、神経内科などで診てもらうことをおすすめします。

耳鳴りは聴覚神経が老化して脳に音がうまく伝わらなくなることで起こります。また1人で静かなところにいると心臓の音などが気になる、という人もいます。

神経質な人ほど、耳鳴りをひどく感じる傾向があるようです。多汗などと同じで、気にすれば気にするほど症状にとらわれてしまいます。耳鳴りがしても気にせずほかに夢中になれることをしてみましょう。

耳鳴りは強く意識しないようにすればすぐにおさまってしまうものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*