更年期で閉経は実態だ!その時、何が起こるの?

なせこんなに体調が悪くなるの?いろんなことがうまくいかなくなるの?
更年期の不調は、ホルモンの急激な変化に体が慣れるまでの一時的なものなのです。

早い人では30代から、平均的には45歳を過ぎたあたりから、疲れやす い、急に汗が出る、めまいがする、情緒不安定になるといつた、これま でとは”何か違う”体調や気分の変調を感じる人が増えてきます。感情の コントロールができなくなつて、人間関係を悪くしてしまう、1日のような頑張りがきかなくなる・・・・・・。いろんなことが急にうまくいかなくなつ て、「どうしたんだろう、私」と不安に陥る人もいるようです。

でも心配しすぎないで。ズバリ、こうした不調は、閉経に向けて女性 ホルモンが急激に減り始めたことに 伴って起こる「更年期症状」なのです。

一般に更年期は、閉経をはさんで前後5年ずつの10年間を指します が、調査で分かった読者の平均閉経年齢は50.5歳。51歳で迎ぇた人が 最も多く、約6割は50代前半に閉経しています。つまり、45〜55歳の10年間が平均的な更年期の期間といえます。

少数とはいえ30代で迎えた人もいるー方、最高年齢は59歳と幅も広い。ただし「実際の外来診療では60代の閉経例に会つたことはありません」と安江レディースクリニック(東京都中央区)院畏の安江背代さん。調査でも全员が50代のうちに閉経しています。

閉経は女性全員に訪れる出来事ですが、みんながつらい症状に悩まされるわけではありません。約8割の人が、「ほとんど気にならない」「気になるが生活に支障はない」と答えているのは朗報です。

そもそも、症状はなぜ起こるの?
更年期にエストロゲンが減るのは、その分泌器官である卵巢の老化が原因。卵巢からエストログンが出なくなると脳は、「分泌しろ」と指令を送ります。しかし、卵巢は萎縮して指令に反応することができず、エストロゲン不足は絞きます。脳はさらに強い指令を送り続ける・・・・・・。この指令系統のパニックが、自律神経失調をはじめとするさまざまな不調を引き起こしているのです。

では、症状が強く出る人と出ない人がいるのはなぜ?それは、家庭 や社会などの環境や性格などの因子が異なるから。「ホルモンが急減する」という心身の環境変化で、体や心に “余裕”がなくなつているところに、子どもの受験や親の介護、仕事の重責といった社会的環境の負荷が重なり、さらに「きまじめ」「断れない」といった几帳面な性格で、無理を重ねて頑張りすぎて・・・・・・というように、複数の要因が重なって起こると考えられています。いくらホルモンが減 っても、楽天的な考え方ができたり、責任を軽減してもらえるような環境 があれば、多くの場合、症状に対応できる可能性もあるのです。

「閉経は予測できない?サインはないの?」
月経不順が「近い」というサイン。それから2、3年以内、というのが多いパターン。

「いつ閉経するのか時期が知りたい(49歳)」という声は多いのですが、残念ながらそれは難しい!でも、閉経が近いという最初のサインは月経不順。これは婦人科医の一致した意見です。

読者調査では、6割以上が月経不順に気づいてから「2年以内に閉経した」と答えています。月経量が減ったり急に増えたり、周期が短くなったり長くなったりと、閉経までには人によって多様な変化が起こるようですが、閉経の直前には「周期が長くなり、閉経」(27.3%)と「6力月以上なく、その後再開して閉経(20.5%)」を合わせて47.8%と、半数近くは”周期が長くなる”パターンに。1方、同じ調査で月経量の変化を聞いたところ、「徐々に減つて閉経」が43.2%と最も多く、これが閉経直前の一般バタ—ンのよう。

とはいえ、更年期を目覚したきっかけに「月経不順」を挙げた人は28.2%と、上位に挙がった項目の発汗(42.1%)やほてり(39.7%)、イライラ(34.9%)などに比べて少なめ。現実には、心身に表れる不調が目覚のきっかけになる人が多いことが分かります。

前述の症状以外にも、集中力の低下、かゆみ、髮質の変化など、「更年期」を自覚する変化はさまざま。ただ、「月経が止まり」初めて目覚した人が25.8%いるのは、閉経前につらい症状がなかった人がそれだけいるといぅことかもしれません。

「完全に閉経したら、つらさは消えるの?」
閉経後のほうがつらい症状がある人が多い。でも、必ずいつか軽減します。

「閉経したら即、つらさから解放される?」と期待する人は多いようですが、残念ながら現実は少し違うようです。調査では閉経前のつらかった期問は「1〜2年」という回答が21.9%と最も多かったのに対し、閉経後は「5年以上」の人が23.9%と、「2〜3年」の19%を抜いてトップ。通常、「症状は閉経前後の2、3年がピーク。その後は徐々に軽減していく人が多い」とさがらレディスクリニック(柬京都目黒区)院長の相良洋子さん。ただ、調查では閉経後につらい期間を長く感じる人が多かったようです。

「まれに10年以上、症状が続く人もいますが、いずれは軽減していきます。閉経後年数が経つにつれて症状が強まる場合は、更年期障害以外の病態も考える必要があります」と相良さん。

つらい症状の内容は閉経前も後も「ホットフラッシュ」が5割以上とトップ。上位の頊目に大差はありませんが、若干の違いがあったのは、「イライラ・怒りっぽい」「不安や絶望感」といった精神症状が閉経前に多めだったこと。閉経前、ホルモンは乱高下しながら徐々に減つてゆくのですが、この波にメンタル面が影響を受けているせいかもしれません。

一方、閉経後は肩こり、不眠、動悖が多かったほか、「ホルモンが欠乏することが原因で起きる膣炎や性交痛、肌のかゆみ、尿漏れなどの症状で悩む人が出てきます」と安江さん。

閉経後、年々、症状が強くなるなら別の病気を疑ってみる必要もあります。

「閉経前と後では、肌や髪、体はどう変わるの?」
ホルモンがなくなるので、たるみやシワが増え、お腹が出てきます。

女性ホルモンはコラーゲンを増やして弾力を維持したり、水分を保つなど、肌を若々しく保つ働きがあります。ですから、閉経後の変化で「たるみ」「シワ」「乾燥」が上位三つを占めた結果は当然。これは髮についてもいえること。白髮との閲係はよく分かつていませんが、「髮の乾燥」や「抜け毛」には女性ホルモンの影響大。頭皮の潤いやハリを保って、髮を支えているからです。

「スキンケア用品が合わなくなった」(47歳)、「シャンプーは特売をやめ、効能書きを見て買うようになった」(48歲)という声もあるように、これまでのケア法を見直してみることも大切。

一方、閉経後は体形変化も大きく、「お腹ぽっこり」のほか、全身のたるみやヒップダウンを悩む声が多く間かれます。「体重は変わらないのに、体形が変わった」(49歳)、「ダィエットしてもやせない」(50歳)というように、ホルモンが減ると代謝が落ち、内臓脂肪が増えて太りやすくなります。

忘れてはならないのが、外見だけでなく体内でも大変化が起こつていること。閉経以降はホルモンの恩恵が得られなくなり、動脈硬化や骨粗しょう症などの生活習惯病などのリスクがぐんと上がるのです。検診を定期的に受け、生活習惯を整えることが、閉経後も健康に過ごす決め手となります。

「夫婦の関係も閉経は変わってしまうの?」
性欲が減り、性生活の頻度が減る人が多いよう。

生殖という役割から解き放たれる閉経後は、「妊娠しない安心感」(8.1%)がある一方で、「性欲がなくなった」という人が大きくそれを上回り、半数を超えました。「愛情が友情に変わったよう」(52歳)、「互いに同じ方向を見つめる同士のように感じる」(49歳)といつたコメントもあり、関係性が変わる夫婦も少なくないよう。ただし「性交痛などが原因で性欲がなくなる人もいます。その場合は、ホルモ ン剤の入った膣剤やゼリーなどで解消できることも」と安江さん。

性交頻度を調べた別の調査で、「まったくない」は51.5%を占め、「週に1回以上」は7%、月に1回以上が16.2%、「数カ月に1度かたまに」が23.4%でした。回数は減るものの、相手との関係が変わらないのは注目したい点。「セックスしなくても、手をつなぐなどのスキンシップでのコミュニケ-シヨンをとり、良好な関係を保つている夫婦は多い」と安江さん。

「つらい症状への打つ手はあるの?」
休養・睡眠のほか運動なども効果的話ができる友人、趣味を持つことも助けに。

つらさ対策の筆頭は「休養」。つらさを話す相手がいることも大きなポィントです。「話を聞いてくれるかかりつけ医がいて安心」(50歳)という人も。趣味など、ときめくことがあるのも有効ですが、「仕事があったから、つらさがまぎれた」(60歳)という声も。もちろん、つらいときには漢方やホルモン補充療法(HRT)などの治療が頼りになります。

とはいえ、つらいばかりではないのが更年期。閉経後は、開放感や前向きな気分を持つ人も多くいました。「人問関係がシンプルになり、肩の力が抜けて自然体に」(59歳)という人もいます。

不調を機にぺースを落としたり、周囲に支えられていることを実感したり。何より、いや応なく自分と向き合わざるを得ない状況の中で、私たちは新しいステージに一歩を踏み出せるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*